ChanduのSE雑記

SEとして業務をする中で、学んだことや気づいたことを書き留めていきます。

リーダブルコードを読んでみた

はじめに

これまで読んだ書籍の中でおすすめできるものをご紹介していきます。
今回は「リーダブルコード」のご紹介です。

 

リーダブルコード ―より良いコードを書くためのシンプルで実践的なテクニック (Theory in practice)

リーダブルコード ―より良いコードを書くためのシンプルで実践的なテクニック (Theory in practice)

  • 作者: Dustin Boswell,Trevor Foucher,須藤功平,角征典
  • 出版社/メーカー: オライリージャパン
  • 発売日: 2012/06/23
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • 購入: 68人 クリック: 1,802回
  • この商品を含むブログ (138件) を見る
 

概要

リーダブルコードはコードを読みやすくするために、どのようにコードを記載すれば良いかに答えてくれる書籍です。
保守性の高いコード(読みやすいコード)を書くためには必読の書籍です。
また、翻訳本ですが、かなり読みやすく、即効性のある書籍です。
プログラミング関連の書籍でもかなり有名な書籍なのでご存知の方も多いと思います。

対象

特にプログラミングを始めたばかりの新人さんに有効な書籍と思います。
また、独学でコーディングを進めてこられた方も一度読むと結構気づかされる部分の多い本だと思います。

効果

プログラムをあまり書いたことが無い人の場合、良く以下の光景を目にしますが、本書を読むことで劇的に改善されます。

  • 関数名や変数名のネーミングセンスが無い
  • コードを見ればわかることをわざわざコメント化している
  • if文等の条件分岐が複雑化してネストが深くなる

自身が本書に出会ったのは入社して3年ほど経過してから読みましたが、新人の時に読んでおけば本当によかったと感じています。

読んだころには本に書いてある7割くらいは自然と身についていましたが、他の人がそうしているから自然とそうなったという部分も多く、確信をもってコードを書けていませんでした。

本書ではなぜそのように記載するべきなのか理由を詳しく書いてくれているので納得もでき、理解もできました。また、教える立場になった場合に理論立てて話せるようになるので役立ちます。
その他、独学でコーディングをしていくと結構抜けてくる部分もあるので、そういう部分もこの本を読むとフォローしてくれるところがありました。

 結論としては、プログラマなら必ず一度は読むべき本だと思います。是非、オススメします。

 

リーダブルコード ―より良いコードを書くためのシンプルで実践的なテクニック (Theory in practice)

リーダブルコード ―より良いコードを書くためのシンプルで実践的なテクニック (Theory in practice)

  • 作者: Dustin Boswell,Trevor Foucher,須藤功平,角征典
  • 出版社/メーカー: オライリージャパン
  • 発売日: 2012/06/23
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • 購入: 68人 クリック: 1,802回
  • この商品を含むブログ (138件) を見る